ランキングの名称 国籍
タイムズ・ハイアーエディケーション 英米
カッカレッリ シモンズ(QS Quacquarelli Symonds) 英米
上海交通大学 中国
記事は2017年09月時点のものです。
スポンサー広告

目次

世界大学ランキングは3種類

世界の高等教育機関(いわゆる大学の正式名称)の、ランキング発表は、主要なもので3つあります。

1つめはタイムズ・ハイアーエディケーション、2つめはカッカレッリ シモンズ(QS Quacquarelli Symonds)、3つめは上海交通大学、が作成しています。

タイムズ・ハイアーエディケーションQSは、英米系のメディアで、上海交通大学は中国系です。

また、母体となるのは、タイムズ・ハイアーエディケーションはジャーナリズム、QSはコンサルティング、上海交通大学は教育機関です。

なお、タイムズ・ハイアーエディケーションQSは、いずれも調査に国際的な出版社のエルゼビアが参加しています。

ランキングの指標(どのような指標が採用されるの?)

研究評価(英:academic reputation)は、主に学術分野の研究者からの評価です。研究者同士の評価なので、ジャーナリズムや広告には動じない評価でしょう。

教員生徒比率(英:faculty-to-student ratio)は、教員と生徒の比率です。教員1人当たりの生徒数が少ないほど、優れた教育ができると考えられています。

論文引用数(英:cited publications)は、論文が引用された回数です。

企業評価(英:employer reputation)は、主に企業の経営・人事からの評価です。研究評価と企業評価に、差のある大学を探してみるのも、面白いかもしれません。

海外学生比率(英::ratio of international to native students)は、学生の出身国の割合です。多様性(英:diversity)を理想とする価値観からは、日本の弱点だと報道されています。ただし、やみくもに国際化すれば良いという意見も、根拠が薄いです。

産業収益(英: industry income)は、経済的な影響力です。経済的に割りあわない基礎研究が、何十年も後になって、莫大な収益機会を生むこともありますので、なかなか難しい指標ではあると思います。

ランキングの影響(誰を変えるの?)

意思決定に、影響を与えます。10代の学生の進路、企業の人事、教育政策、などへの影響が考えられます。

ランキングの今後(どうなっていくの?)

今後は、分野が詳細になり、各種の指標も増えていくはずです。現在でも、学部ごとにランキングを作成したりはしています。

入試における偏差値は、純粋に教材分析の視点から、作成されています。偏差値以外にも、大学の予算規模、研究力、満足度、年収への影響、デジタル化、広告費、アルバイト学生比率、などのジャーナリスティックな方向へ、調査は拡大していくはずです。

ランキングの活用(どう付き合うの?)

日本国内のメディアだけではなく、英米系・中国系のメディアの調査が入ることで、情報が洗練されていくはずです。