どうやって反抗期を乗り越えているの?

反抗期の対処法のうち、子どもの安定した生活習慣について、考えていきましょう。

目次

習慣は失われない

反抗期になっても、それよりも前の年齢で、子どもに身についた習慣は、失われません。

わかりやすい生活習慣として、 社交性(コミュニケーション)身だしなみ計画性、挙げられます。

行動が習慣として、子どもにしっかりと板に付いているかどうか、確認してみましょう。

社交性(コミュニケーション)

他人から挨拶されると、挨拶を返す(他人に反応でできる)。

場面を選んで正しい言葉を遣う。

親ときちんと交渉して約束を守る。

嘘をつかない。

不正を嫌う。

身だしなみ

衣服と持物を管理する。

外から帰ったら手を洗う。

身の回りを清潔に保つ。

計画性

宿題をきちんと終わらせ、提出物を用意しておく。

本・ノート・学校のプリントなどを整理整頓しておく。

物をていねいに扱い、長持ちさせる。

生活習慣が学習の土台

以上のような習慣が、反抗期に入る前に確立できていれば、反抗期が始まってからも、子どもの生活・学習にぶれが少なくなっています。

反抗期は、急激に身体・精神が変化する時期ですが、子どもは無軌道に行動しているのではなく、それまでの積み上げてきた習慣を、子どもなりに変化させて、行動に移しています。

したがって、習慣の土台が堅固であればあるほど、反抗期の子どもの行動は、悪い方へ向かいにくくなっています。

子どもの習慣はまわりの人間から

それでは、どうすれば子どもに良い習慣を与えることができるのでしょうか。

子どもは、まずはまわりの人間の真似します。子どもがじっと他人を観察するのは、真似するためです。他人を手本として、自分の行動を変化させていきます。

歴史に学べば、孟母三遷の教えには、子どもの孟子が、隣近所の人間の行動を真似をして、孟子の母が心配する場面が描かれています。

脳科学に学べば、ミラーニューロンの存在は、模倣が人間の生まれ持った能力であることを示しています。

まわりの人間とは誰か?

子どもはまわりの人間の真似をしますが、それでは、まわりの人間とは、誰のことなのでしょうか。

もっとも身近にいるのは、まずは家族や隣近所の人間でしょう。さらに、学校や習い事の交友関係も含まれます。

ちなみに、テレビの映像や雑誌の写真などの、現実に会ったことがない人間でも、同じように真似します。むしろ、現実の人間関係が希薄な子どもであればあるほど、メディアの演出を、そのまま模倣しやすい傾向があります。

メディアの世界と生活の世界

子どもは、メディアに演出された世界と、現実の生活世界を、区別できています。区別ができたとしても、やはりメディアの世界から現実の世界へ、影響を受けています。

メディアと生活世界がどのような関係にあるのか、理解することは、現代社会の教養といってもいいでしょう。

テレビ・インターネットなどのメディアを、現代社会の教養として積極的に活用する立場もあれば、シュタイナー教育のように、子どもの発達の障害になるとして、幼児期には見せるべきではないとする立場があります。

関連講座・記事

成熟の早まり  反抗期  反抗期の対処法