目次

教育法制の歴史

                        
年代 和暦 教育法制日本史
1868 明治元 明治維新
1871 明治4文部科学省を設置 廃藩置県
1872 明治5 学制(フランスの学区制の影響)
1879 明治12 教育令
1885 明治18初代文部大臣 森有礼内閣制度発足
1886 明治19 学校令
1889 明治22 大日本帝国憲法
1890 明治23 教育勅語
1894 明治27 日清戦争
1897 明治30 師範教育令
1899 明治32 高等女学校令、実業学校令
1903 明治36 小学校国定教科書
1904 明治37 日露戦争
1907 明治40 小学校 義務教育年限6年
1937 昭和12 教育審議会設置 日中戦争
1940 昭和15 義務教育費国庫負担法制定
1941 昭和16 国民学校令 太平洋戦争
1945 昭和20 戦時教育令を公布 ポツダム宣言
1946 昭和21 第1次米国教育使節団 日本国憲法公布
1947 昭和22 教育基本法 学校教育法
1948 昭和23 教育委員会法成立
1949 昭和24 社会教育法
1956 昭和31 教育委員会が公選制から任命制へ
1958 昭和33 小・中学校に道徳の時間
1962 昭和37 高等専門学校の発足
1979 昭和54 養護学校設置義務
1984 昭和59 臨時教育審議会設置
1990 平成2 生涯学習審議会設置
1992 平成4 学校週5日制開始

関連記事・講座

初等教育  中等教育  教育法制の歴史 

日本の18歳人口  日本の平均年収  日本の離職率