成熟の早まりとは

近年、子どもの身体の成熟が早まり、さまざまな問題が前倒しになる傾向があります。

身体の成熟の早まりは、専門用語で、発達加速現象(はったつかそくげんしょう)とも呼ばれます。

目次

初潮年齢の早まり

子どもの平均初潮年齢は、1964年には13歳を超えていましたが、2008年には12.2歳と、全体で1歳近く早まっています。

また、今後も平均初潮年齢が下がっていくことが予想されています。

参考 全国初潮調査より

暴力行為の早まり

子どもの暴力事件について、低年齢化が進行しています。

参考 文部科学省資料

学校管理下では、ここ10年で、中学生の暴力発生件数が4万件と頭打ちで、減少が続いています。

一方で、小学生の暴力発生件数は、5千件から2万件へと、増加傾向を示しています。

いずれ、小学生の件数が、中学生の件数を、超えると予想されます。

参考 警察庁資料

触法少年(少年法3条)の補導件数も、低年齢化が進んでいます。

補導人員全体は、右下がりの傾向にあり、年間で1万を下回っています。

中学生の補導人員も、おおむね同調しています。

一方で、小学生の補導人員は減少しておらず、補導人員全体で、小学生の割合が40%を超えてきています。

暴力発生の低年齢化は、成熟の早まりに加えて、現代社会の環境変化が背景にあると考えられます。

知能の成熟は議論がある

子どもの知能の発達については、現在は研究が進んでいます。もし知能の発達も早まっているのであれば、学習のカリキュラムを前倒しにした方が、子どもの成長に良いのではないかと議論されています。

小中一貫教育の試み

日本の学校制度は、戦後は一貫して6-3-3-4制ですので、学校制度は変わらないまま、子どもの成熟速度が早まっていることになります。

そこで、現代世界の子どもたちの成熟速度に柔軟に対応するために、小中一貫教育(義務教育学校)という試みも、開始されています。