目次

直観教授とは

直観教授(英:intuitive method)は、教育学において、生徒の理解を助けるために、人間の直観を重視する。

直観は、感覚・情動・理性などとともに、人間の認識能力を構成している。

  

直観教授の代表的な理論家として、コメニウス・ペスタロッチ・デューイが挙げられる。

例えば、コメニウスは「世界図絵(羅:Orbis Pictus)」を執筆し、図説を豊富に採用した教科書として、歴史に名を残している。

例えば、ペスタロッチは、「直観の3要素」として、数・形・言語を提唱した。

  

直観教授は、歴史的な経緯から、実物教授・開発教授・経験教授とも訳されてきた。いずれの概念とも、境界が曖昧ではある。

直観教授の事例

直観教授は、現代社会において、広く普及している技術だ。

例えば、教科書は、小学生・中学生・高校生の順番で、より直観に訴える構成となっている。

一般に、初学者向けの教材であればあるほど、イラスト・写真・フォント・色彩などに、予算をかける傾向にある。

絵本・俳句・漫画・音楽のミュージッククリップ・コンピューターのGUI、なども人間の直観を重視した表現だ。

関連講座・記事

学習術 感覚

記事 心身発達一覧