算数試験のまとめ

名称 対象 出題範囲 重点技能 主催
算数検定 無制限 教科書水準 計算力 日本数学検定協会
サピックス・オープン 小6(11・12歳) 中学受験 解法力 株式会社日本入試センター
算数オリンピック 無制限 無制限 思考力 算数オリンピック委員会

記事は2017年09月時点のものです

目次

算数は6歳から12歳まで

算数は、日本では小学校(初等教育 6歳から12歳)において指導され、ほぼ全員の日本人が、履修しています。ここでは、小学校の算数とは別に、算数の能力の測れる国内試験をまとめました。

算数検定

日本数学検定協会が主催しており、数学検定の小学生版として、算数検定を実施しています。

日本人には馴染み深い英語検定と同じく、出題範囲が学校の教科書のカリキュラムと重なっており、学校で算数の勉強しながら、その延長で、受験しやすくなっています。

対象年齢は、文字を覚え始めた幼児からです。級が細かく設定されており、参加しやすいので、試験慣れするためにも、活用できます。

教材分析の視点からは、難易度は、教科書と同じ水準です。それぞれの単元がきちんと履修できており、基礎的な計算さえできれば、得点できるはずです。

サピックス・オープン

首都圏の有名進学塾サピックスが実施している公開型の試験です。

中学受験者を対象としており、中学受験の算数カリキュラムを履修していないと、手が止まってしまうはずです。出題範囲は、学校の教科書とは異なるので、独自の対策が必要となります。

対象年齢は、小学6年(11歳・12歳)で、小学校の算数をひととおり終えていることが前提です。

教材分析の視点からは、記述の採点もきちんとしており、データの分析もていねいで、品質の高い試験といえます。設問の設計から、受験者がどれだけ算数の解法に精通しているかが、わかるようになっています。

算数オリンピック

算数オリンピック委員会が主催しており、学習の進度や受験の目安をはかるためのテストではなく、算数能力の才能を発見するための大会です。

出題範囲は、小学校までの全範囲から、無制限です。

対象年齢は、小学生以上で、細かな出場条件があります。

教材分析の視点からは、難易度は、小学生の最高峰といえます。始めて見る設問を、じっくりと考えて解いていく思考力・忍耐力が求められます。その反面、機械的な計算力や、解法の丸暗記は、求められていません。学校の算数とは、別物と考えたほうが良いでしょう。

関連記事・講座

プロ家庭教師 

日本の習い事費用  全国学力調査  世界大学ランキングの読み方 

初等教育  中等教育 

成熟の早まり