メリトクラシーとは

メリトクラシー(英:meritocracy)は、は能力に基づいて、人間を選抜する制度を指します。

旧来の、出自や所属集団に基づく選抜と、対義的に用いられます。

また、日本語の「能力主義」・「実力主義」・「成果主義」という言葉にも、近い意味を持っています。

目次

メリトクラシーとは

メリトクラシー(英:meritocracy)、は能力に基づいて、人間を選抜する制度を指します。

旧来の、出自や所属集団に基づく選抜と、対義的に用いられます。

また、日本語の「能力主義」・「実力主義」・「成果主義」という言葉にも、近い意味を持っています。

メリトクラシーの分野

メリトクラシーが問題になるのは、人材選抜が必要な分野です。特に、芸術・スポーツについては、強いメリトクラシーが発達しています。

より広い範囲の人間が関係するものとして、学校の入試制度と、企業の人事制度があります。

メリトクラシーの歴史

統治者をどのように選抜するべきか、あるいは、希少な資源を誰に割り当てるべきかといった問題は、人類の歴史につきものです。これまで、さまざまな選抜制度が実施されてきています

例えば、古代の王は世襲制でした。民主主義では最大多数の信任を得たものが、統治者に選ばれます。スポーツでは客観的な記録にもとづいて、順位を定めています。

メリトクラシーと機会均等

メリトクラシーは、機会均等との関係でも議論されます。

例えば、ある職業が世襲制であることが、善か悪かが議論されます。

また、親の資産を子がどれくらいまで相続できるのか、相続税率にも、議論があります。

メリトクラシーとエリート

メリトクラシーは、エリート(英:Elite)と同じ意味に扱われることもあります。

エリートは、人材そのものを指すことが多く、メリトクラシーはエリートを生み出す社会制度を指しています。