ネグレクトとは

ネグレクト(英:neglect) は、育児放棄とも訳されます。保護者が子どもを育てる意志を失い、見捨てている状態にあります。

目次

ネグレクトと虐待

ネグレクトは、虐待に含まれます。ただし、ネグレクトの特徴は、保護の怠慢・拒否により、相手の望むものを提供しない点にあります。意地悪、という程度では納まらず、深刻な被害を生む場合は、ネグレクトとなります。

一般的な虐待は、相手に積極的に攻撃する場面を想定しますが、ネグレクトのように「何かをしない」ことも、虐待と考えられています。

ネグレクトの診断

外部の第三者から、ネグレクトを診断するためには、以下の点に注意したいです。

1点めは、子どもの服装です。ネグレクトの子どもは、ずっと不衛生な服装をしています。たまたま遊んで汚れているのではなく、いつも汚れています。

そのような状態が続くと、2点めとして、衛生観念が未発達です。汚いものや汚い空間に対して、「汚いと感じられない」状態になっています。

その結果、3点めとして、季節や流行とは無関係に、風邪を引きます。健康な子どもの集団のなかに、いつも鼻水が止まらない子どもがいたり、風邪がいつも長引いている子どもがいたら、注意してください。

厚生労働省の定義

厚生労働省は、児童虐待を4種類に分類しています。

身体的虐待、心理的虐待、性的虐待、ネグレクト、の4分類です。

身体的虐待は、殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束する、などです。

心理的虐待は、言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス:DV)、きょうだいに虐待行為を行う、などです。

性的虐待は、子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にする、などです。

ネグレクトは、家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない、などです。

参考 厚生労働省資料より

関連記事・講座

日本の児童虐待