固定観念とは

固定観念(こていかんねん)は、集合の性質です。

また、集合の性質から、集合の要素の性質を、推論するために用いられるヒューリスティクスでもあります。

例えば、ある社会集団の性質から、その集団に所属する個人の性質を、推論する場合に、固定観念は用いられています。

なお、固定観念は、ステレオタイプ(英:Stereotype)とも訳されます。

目次

固定観念とは

固定観念は、基本的にはある集団の性質を指します。

例えば、ある集団を、高校生に設定すると、「高校生はラーメンが好き」は、固定観念です。

ある集団を、日本人に設定すると、「日本人は白米を食べる」は、固定観念です。

ある集団を、人間に設定すると、「人間は仕事をして働く」は、固定観念です。

固定観念は、現代の情報社会を理解するために、重要な言葉です。

固定観念の発生

固定観念が生まれるのは、私たちが経験によって学ぶからです。

例えば、私が下北沢の街を歩き、ラーメン屋さんを眺めると、多くの高校生が楽しそうに屋台を占拠しています。そうすると、私はラーメン屋さんのお客さんは高校生が多いと知ります。

さらに、「この前、ラーメンを食べた」と報告する高校生がいます。「最近、ラーメンにハマりまくり」と熱弁する高校生もいます。ラーメン屋さんの店主にたずねても「お客さんの半分は高校生だぜ」と誇らしげです。

このような経験を繰り返すことで、私のなかに、「高校生はラーメンが好き」という固定観念が生まれます。

専門的な言葉でいえば、固定観念は、帰納的な知識です。

固定観念の限界

そこへ、高校生であるあなたが現れたとします。

私はいきなり、あなたに言います。「ずばり、あなたはラーメンが好きですね」。

あなたが本当にラーメンが好きなら、まったく問題なく、会話は進んでいくはずです。

ところが、あなたが不愉快になる可能性もあります。あなたが本当はラーメンが好きではないのに、私が一方的に ラーメンが好きだと決めつけてくるからです。

悪いのは、私でしょうか。それとも、あなたでしょうか。

集団の性質と個人の性質

この場合、誤っているのは私です。

どのような点が誤っているかというと、固定観念が、集団の性質だと、忘れている点です。

「高校生はラーメンが好き」だからといって、必ず「あなたがラーメンが好き」かどうかは、推論できません。

集団の性質である固定観念によって、あなた個人の性質を推論しようとしても、限界があります。

もちろん、集団の性質と、個人の性質が一致している場合もあります。しかし、「いつも必ず」一致していると考えるのは、誤りです。

固定観念の正しい用法

固定観念を用いる場合、集団の話なのか、個人の話なのか、注意が必要です。

そして、集団の性質から、個人の性質を推論する場合は、誤る可能性があります。

固定観念を用いた推論は、速度を上げる代わりに、精度を下げる、ヒューリスティックな推論になります。

固定観念の理解は、現代の情報社会で扱う、印象・指標・広告・ブランド・信用能力、などの基礎になっています。