21世紀スキルとは

21世紀スキルとは、21世紀の社会で活躍するために、学ぶべき理想の能力をまとめたものです。それまでの20世紀スキルと、比較されて、議論されています。

以下では、21世紀スキルについて、理解を深めていきましょう。

目次

20世紀スキルの復習

21世紀スキルを理解するためには、その前段階の20世紀の国家が、どのような人材を生み出そうとしていたのか、知ることが近道です。

20世紀の国家教育は、国民形成、産業発展の2本柱を目的としていました。政治的には、国境の内側にいる人間を、同じ国民として秩序づけるとともに、経済的には、科学技術の発展のための人材育成を目指しました。

そこでの教育の重点は、知識を覚えることにありました。「何を覚えるべきか」は明確に定義され、外部から与えられます。知識を覚えることは、物事に精通するためには欠かせないので、知識を確実に習得できる制度は有効でした。

しかし、知識を覚えても、実践には活用できないのではないかとの批判もありました。「詰めこみ教育」や「丸暗記」という言葉は、20世紀の教育を、批判する中で生まれてきました。学校で知識の暗記ができた人材でも、社会で知識の活用ができる人材であるかは、わからないのではないかとの問題が残っていました。

結果として、学校では知識を学び、知識の活用という点では、職場で実務を学ぶという構図が、社会に浸透していきました。

知識の性質の変化

ところが、20世紀スキルが土台とする知識の性質が、21世紀になり変化しています。

知識の変化には、3つの側面があります。

1つめは、知識が更新されやすくなりました。知識が10年後も20年後も有用なものであれば、子どもが覚える価値がありますが、もし知識がすぐに役に立たなくなってしまうのであれば、子どもが覚える価値があるのか、疑問が生まれました。

2つめは、知識が細分化されました。知識が細分化されすぎてしまうと、知識が限定された狭い場面でしか役に立たなくなります。狭い場面でしか役に立たない知識を、まだ将来のはっきりしない子どもが覚える価値があるのか、疑問が生まれました。

3つめは、知識が手に入りやすくなりました。知識がいつでもどこからでも学べるようになると、子どもの時期しか学べない社会ではなく、大人になってからも学びやすい社会になります。子どもの時期に学んでおくべき知識と、大人になってからでも学べる知識を、整理する必要が生じました。

以上のような問題意識を背景として、教育が伝えるべき知識が再検討されていき、そこから知識と技術の差にも、注目が集まってきました。

関連記事・講座

21世紀スキルB  21世紀スキルC

教育法制の歴史