21世紀スキルとは

21世紀スキルとは、21世紀の社会で活躍するために、学ぶべき理想の能力をまとめたものです。それまでの20世紀スキルと、比較されて、議論されています。

前回では、知識と技術 について確認しましたので、以下では、知識と人間の関係について、理解を深めていきましょう。

目次

知識技術が変化しつづける社会

20世紀スキルは、社会が求める知識技術にあまり変化がないことを、前提にしていました。子どもが成長する間に、知識技術が変化しないのであれば、社会で必要となる知識技術をそのまま、教育機関は提供していれば、問題はありませんでした。

しかし、21世紀スキルが想定する社会では、知識技術が変化することを前提にしています。それに合わせて、知識技術の学びも、変化していくように期待されています。

知識が先か 問題が先か

20世紀スキルでは、知識は外部から与えられて、まずは知識の習得が目的とされていました。なぜ知識を学ぶのかという問いには、「将来の役に立つ」という漠然とした答えが与えられます。人生を長い目線でみれば、知識の習得は役に立ちます。

しかし、もう一方で、知識の真の価値に気づくまでには、時間が必要であることも事実ではないでしょうか。知識に価値があったとしても、その価値をどのように子どもに伝えるのか、多くの保護者や教育者が、頭を悩ましてきました。

そこで、21世紀スキルでは、外部から与えられるのは、まずは知識ではなく問題が中心となります。問題を解決しようという過程で、人間は知識に出会い、知識を習得します。習得した知識がすぐに効果を発揮するので、子どもの学ぶ意欲も成長しやすいと考えられています。

なにを学ぶか どう学ぶか

20世紀スキルにおいては、学ぶべき知識技術の内容、量、方法が、定まっていました。しかし、21世紀スキルは、学習者を問題から知識に導くようになるので、学びには新しい局面が現れます。学習者は、どのような知識技術を、どれだけ、どのようにして学ぶのか、自ら判断しなければいけなくなります。

例えば、20世紀スキルにおいては、数学の教科書が与えられ、子どもは数学の教科書のなかの問題が解けるようになれば、事足りていました。

しかし、その子どもが数学を学ぶべきかどうかは、数学の教科書のどこを見ても書かれていません。数学の問題が正解か不正解かを考える前に、まず数学を学ぶべきかどうかの判断が必要になります。

学ぶと判断したら、ではどれくらいの量を、どれくらいの時間で、どのような方法で、学んでいくべきなのか。主体的な判断が求められるようになります。

>インターネットの登場で、知識の量をやみくもに増やすことは、すでに有効ではなくなっています。たとえ、正しい知識を習得できたとしても、その習得に時間がかかりすぎてしまうのであれば、知識は正しくとも、判断は間違っているとさえ言えるのではないでしょうか。これは知識だけではなく、技術の分野にも当てはまります。

学習術 判断術 主体性

まとめますと、21世紀スキルは、知識技術をすばやく身につける学習術に加えて、そもそも、ある知識技術を学ぶべきかどうかの判断術、そして、知識技術が自分の人生に役立つかどうかの主体的な位置づけが、重要になります。

関連記事・講座

21世紀スキルA 21世紀スキルB 

教育法制の歴史