>権力史 藤原一族の栄華

 

藤原の姓

藤原一族の栄華えいがを、藤原鎌足ふじわらのかまたりを始まりにして、見ていこう。
藤原鎌足の旧名は、中臣鎌足なかとみのかまたりといい、天智天皇とともに、大化の改新で活躍した。活躍の褒美として、藤原のかばねが、与えられた。
つまり、藤原一族は、もともとは天皇の側近だった。

 

藤原氏 対 皇族

天皇の側近である藤原一族は、天皇の親族である皇族と、権力を争った。
藤原四兄弟が伝染病で亡くなると、皇族である橘諸兄たちばなのもろえに権力が集中し、740年に藤原広嗣ふじわらひろつぐが乱を起こした。
藤原氏の権力は不安定で、皇族との緊張関係にあったことがわかる。

 

令外官

権力の基盤として、藤原氏は令外官りょうげのかんを利用した。
嵯峨天皇は、藤原冬嗣ふじわらのひろつぐを、令外官の蔵人頭くろうどのとうに任命した。令外官は、律令に規定されていなかった新しい役職で、藤原氏に特権を与えた。

 

摂関政治の開始

藤原氏は、娘を天皇のきさきとすることで、さらに権力を盤石にしていく。
平安時代の家族法に、妻問婚つまどいこんがあり、出生した子供は、母方の実家で育った。
藤原氏は、天皇の外戚となり、藤原良房ふじわらよしふさは、皇族以外で、初めて摂政となった。さらに、その子である藤原基経ふじわらもとつねは、関白かんぱくとなった。関白も、令外官だった。

 

藤原一族の栄華

藤原道長ふじわらみちながと、藤原頼道ふじわらよりみちの時代に、藤原氏は栄華を極めた。

 

氏長者の争い

しかし、並ぶもののいなくなった藤原氏にも、氏族なかで、氏長者うじのちょうじゃを巡って、争いは残っていた。
一条天皇の后に、藤原道隆ふじわらみちたかは、娘の定子ていしを入内させていたが、藤原道長も、娘の彰子しょうしを、重ねて入内させた。

 

国風文化の後援者

藤原氏は、国風文化の支援者として、注目できる。
定子には清少納言せいしょうなごんが、彰子には紫式部むらさきしきぶが出仕し、日本文学の起源となった。
頼道が建立した平等院鳳凰堂びょうどういんほうおうどうは、今も残っている。

 

ダウンロード