スポンサー広告

矢印

前講座で、XY座標に要素の配置ができました。

それでは、要素同士を、矢印で結んでみましょう。

矢印を描くには ¥ar を用います。

以下の例文Aのように書いてください。

(例文A クリックでコピーできます)

(Texworks画面例 Xy-pic 矢印)

Xy-pic講座 Texworks画面 Xy-pic 体験

(PDF画面例 Xy-pic 矢印)

表示されない時 PDF をダウンロード

要素を置いてから矢印で結ぶ

(0,0) *{A}="1",  は

xy座標の  (0,0)  に

人間の目には *{A} と見えて

コンピューターには  ="1"  と認識できる要素を置きます。


*{ }  で人間への見え方を、定めています。

=" "  でコンピューターへの認識を、定めています。


そして、 ¥ar "1";"2", で

"1" の要素と "2" の要素を、矢印で結ぶ命令になっています。

次へ

前へ