目次

例題1 動画授業

授業プリント

度数分布表の平均

度数分布表の平均値の求め方

1:階級の中央の値で、階級値を書く。

階級値=\(\mbox{階級の中央の値} \)

 

2:階級値に、それぞれの度数を掛ける。

3:2の合計を全度数で割る。

度数分布表の平均値\(= \frac{\mbox{階級値\(\times \)度数}}{\mbox{全度数}}\)

 

注意点:

度数分布表の平均値は、資料の1つ1つの平均とは、異なる。

概算で、早く計算したい時に、用いる。

例題1

以下の度数分布表の平均値を求めなさい。

解答

例題2 動画授業

授業プリント

度数分布表の仮平均

度数分布表の平均を、仮平均を用いて求める。

1:階級の中央の値で、階級値を書く。

階級値\(=\mbox{階級の中央の値} \)

 

2:仮平均値を決める。

3:階級値から、仮平均値を引く。

4:3にそれぞれの度数を掛ける。

5:4の合計を全度数で割る。

6:仮平均値と5を足す。

 

注意点:

度数分布表の平均値は、仮平均を用いても、答えは同じになる。

仮平均を用いると、計算が省略できる。

例題2

仮平均を用いて、度数分布表の平均値を求めなさい。

解答

資料の整理 授業一覧

資料の整理

関連記事・講座

数学の楽園 中1

数学の楽園 トップ

数算情報

知識と科目

学習術