こちらは旧ページとなります。

最新版へ移動をお願いします。

累乗と指数 動画授業

累乗

同じ数の、掛け算(積)を、累乗(るいじょう)で表す。

例えば、5を2回掛けると、5の2乗になる。

\( \Large 5^2=5\times5 \)

累乗は、数字の右上に、指数(しすう)をつける。

\begin{xy} (5,0)*{\huge 5}="O", \ar(22,18) *{指数}; (10,6) *+[Fo]{2}, \end{xy}

例題 1

次の計算をしなさい。

\( (1) \) 3の3乗を、数字で書きなさい。

\( (2) \) 1の10乗を、数字で書きなさい。

解答

累乗の注意点

指数の位置に、気をつけて計算しましょう。

\( \Large {(-2)}^{2}=(-2)\times(-2)=4 \)

\( \Large -{2}^{2}=-2\times2=-4 \)

例題 2

次の計算をしなさい。

\( (1) \) \( \large {(-5)}^{2}\)

\( (2) \) \( \large -{3}^{3}\)

解答

正負の数 授業一覧

A 正の数と負の数

B 数直線

C 等号と不等号

D 自然数

E 足し算(加法)

F 引き算(減法)

G 符号の省略

H 掛け算(乗法)

I 累乗と指数

J 割り算(除法)

K 四則計算

L 分配法則

関連記事・講座

数学の楽園 中1

数学の楽園 トップ

数算情報

知識と科目

学習術