こちらは旧ページとなります。

最新版へ移動をお願いします。

例題 1

次の計算をしなさい。

\( (1) \)    \(  (+6)\div(+2) \)

\( (2) \)    \( (+6)\div(-2) \)

\( (3) \)    \( (-6)\div(+2) \)

\( (4) \)    \( (-6)\div(-2) \)

解答

\( (1) \)      \( \Large +3\)

\( (2) \)      \( \Large -3 \)

\( (3) \)      \( \Large -3 \)

\( (4) \)      \( \Large +3 \)

解説

\( (1) \)      \((+)\div(+)=+\)

\( (2) \)      \((+)\div(-)=-\)

\( (3) \)      \((-)\div(+)=-\)

\( (4) \)      \((-)\div(-)=+\)

\((-)\)で掛け算・割り算すると、正負の符合が反対になると、覚えましょう。

正負の数 授業一覧

A 正の数と負の数

B 数直線

C 等号と不等号

D 自然数

E 足し算(加法)

F 引き算(減法)

G 符号の省略

H 掛け算(乗法)

I 累乗と指数

J 割り算(除法)

K 四則計算

L 分配法則

関連記事・講座

数学の楽園 中1

数学の楽園 トップ

数算情報

知識と科目

学習術