目次

やまとことば

古代の日本列島には、やまとことばという話し言葉がありました。

やまとことばには、ひかり、かぜ、かわ、やま、ひとみ、かお、などの柔らかい語感の言葉が多く含まれています。

漢字

そこへ、古代の中国から、漢字がたくさん入ってきました。日本史では、遣隋使・遣唐使の時代に当たります。

漢字は書き言葉で、記録ができるので便利でした。

漢字の中国発音での読みは、音読み(おんよみ)と呼ばれ、漢字のやまとことばでの読みを訓読み(くんよみ)と呼ばれています。

例えば、「光」は、「コウ」と音読みされ、「ひかり」と訓読みされます。

「瞳」は、「ドウ」と音読みされ、「ひとみ」と訓読みされます。

漢字の導入にあたって、日本語に「文字」と「文字の読み方」を別々に指定する技法が確立し、現代日本語にもさまざまな影響を与え続けています。

平仮名・片仮名

漢字を使い続けているうちに、すこしづつ変化していき、平仮名(ひらがな)・片仮名(カタカナ)、になりました。日本史では、藤原氏の時代に当たります。

ひらがなとカタカナを合わせて、仮名文字(かなもじ)と呼びます。

アルファベット(Alphabet)

日本史では、戦国時代の終わりから、アルファベットが入ってきました。


アルファベットは、ローマ字とも呼ばれています。

日本語の文字

現代の日本語は、漢字・ひらがな・カタカナ・アルファベット、などを混ぜて書かれています。

複数の文字を使い分け、豊かな表現力を持つ日本語の進化に、期待したいです。

関連記事・講座

学習漢字(小学校で習う漢字)  常用漢字(中学・高校で習う漢字)  漢字の歴史

ギリシャ文字