目次

想起とは

想起(そうき)は、学術用語で、人間の記憶を再生する能力を、厳密に議論したい場合に用いられる。

日常用語では、「思い出す」と同じ意味となる。

文学用語では、「偲ばれる」「面影」などと同じ意味となる。

想起は学習の基盤

想起は、記憶と合わせて、人間の学習能力の基盤となっている。

現代の先進国では、子どもが成人して社会に出るまでの教育期間が、10年以上となり、さらに延長される傾向にある。

教育期間が長引くにつれて、記憶と想起のしくみを正しく理解し、着実に学習していく能力が求められている。

なお、本サイトでは、記憶と想起の理論にもとずいて、実践的な技術として、学習術を提案している。

関連記事・講座

社会人文 

学習術 

知識と科目