目次

ツァイガルニク効果とは

ツァイガルニク効果(英:Zeigarnik effect)は、記憶理論の1つで、心理学・脳科学で研究されている。

ツァイガルニク効果は、完了した出来事よりも、中断した出来事のほうを、人間はよりよく想起すると主張する。

ツァイガルニク効果の例

読みかけの物語の続きが知りたくなる。

遊んでいても、宿題がまだ半分残っているのが気がかりになる。

ツァイガルニク効果への批判

ツァイガルニク効果の有効性は認められるが、他の記憶理論(短期記憶・長期記憶・エピソード記憶)と統合されておらず、断片的な技術に止まっている。

中断した出来事のうち、人間が想起せずに、そのまま忘却してしまう出来事もあり、忘却してしまう出来事については説明できていない。

「中断」の範囲が明確ではない。人間は出来事を、短期・中期・長期と、異なる時間枠で認識しているために、目標設定を変えれば、「中断」の範囲が変化してしまう。

関連記事・講座

社会人文 

知識と科目