原子周期表 2017年版

目次

原子周期表とは

原子周期表(げんししゅうきひょう 英:periodic table)は、原子を性質によって整理したものだ。

原子周期表は、元素周期表(げんそしゅうきひょう)、あるいは、周期表、とも呼ばれる。

原子番号

周期表では、軽い原子から順番に、原子番号(げんしばんごう)が付いている。

例えば、水素(H)は原子番号が1で、1番軽い。続いて、ヘリウム(He)は、原子番号が2で、2番目に軽い。

原子番号は、周期表の左右の動きだ。

原子番号の順番で覚えていくと、原子の軽さ・重さが、判断しやくなる。

周期表の上下の動きは、族(ぞく)と呼ばれている。

例えば、11族には、銅(Cu)・銀(Ag)・金(Au)・レントゲ二ウム(Rg)、が含まれている。

同じ族の原子は、共通の性質を持ちやすい。

原子周期表の歴史

新しい原子が次々に発見されていった時代に、メンデレーエフ(露:Менделеев 1834--1907)は、原子を整理しようと、原子周期表の原型を作成した。

関連記事・講座

自然科学

小学理科 カリキュラム表  中学高校理科 カリキュラム表 

小学算数 カリキュラム表  中学高校数学 カリキュラム表