目次

色温度とは

色温度(いろおんど)は、光の色に注目した指標です。

色温度の単位は、K(ケルビン)で、ケルビンが低いほど暖色に近づき、高いほど寒色に近づきます。

自然の光では、朝日・夕日の色温度が約2000K、太陽光が5000~6000K、となります。

人工の光では、ろうそくの色温度が約2000K、白熱電球が約2800K、昼光色の蛍光灯が約6500Kです。

色温度の表

K(ケルビン) 光の色 自然光 人工光
2000K 暖色 朝日・夕日 電球色(ろうそく)
3000K 暖色 朝日・夕日 電球色(白熱電球)
5000K 昼の太陽光 昼白色
6500K 寒色   昼光色

照明を買いに行こう!

光の色温度について理解したら、自分の部屋にふさわしい照明を、買いにいきましょう。

お店で、照明を見つけたら、色温度が書いていないか、調査しましょう。もし、色温度がすぐに見つからなかったら、お店の人に「色温度は、何ケルビンですか?」とたずねてみましょう。

色温度K(ケルビン)の低い暖色の照明は、寛ぎたい空間に、設置するとよいでしょう。

色温度K(ケルビン)の高い寒色の照明は、集中したい空間に、設置するとよいでしょう。

自分の生活を創っていくために、しっかりとした科学の知識を学びましょう。

他の光の指標

光束 [lm:ルーメン]

光源から放射されるエネルギーのうち、人間の眼に光と感じる量のこと。正確には1秒間に放射されるエネルギーを視感度で測ったもの。光源から放射される全方向の明るさを全光束といい、光源の多くはこれを明るさ評価の指標にします。

輝度 [cd/㎡:カンデラ/平方メートル]

光源面からのある方向への光度を、その方向への見かけ上の面積で割った値。

つまり、同じ光度である場合は、点光源に近いほど輝度が高くなります。

またこの輝度が大き過ぎると、不快なまぶしさ=「グレア」となります。

照度 [lx:ルクス]

単位面積当たりに入射する光の量。

光源によって照らされている面の明るさの程度を表す単位です。

JISでは、場所の用途や作業内容に応じて推奨される照度の基準が制定されています。

関連記事・講座

小学理科 カリキュラム表  中学高校理科 カリキュラム表 

自然科学