目次

日本の8地方

日本は、8の地方に、分かれています。

北から順番に並べると、「北海道」「東北(とうほく)地方」「関東(かんとう)地方」「中部(ちゅうぶ)地方」「近畿(きんき)地方」「中国(ちゅうごく)地方」「四国(しこく)地方」「九州(きゅうしゅう)地方」です。

 

質問:北海道は、島の名前なの? 地方の名前なの?

解答:北海道は、島の名前と、地方の名前が、同じです。

 

質問:東北地方は、北東地方では、いけないの?

解答:日本語では、方角を表す時は、北と南を、先に書きます。対して、地名を表す時は、自由に定めています。

例文:「東北地方を目指して、北東へ、進むぞ!」

日本の47都道府県

さらに、日本は、都道府県(とどうふけん)に、分かれています。

都道府県は、全部で47あります。

 

県(けん)が、基本の単位です。

都(と)は、首都(しゅと)を表し、東京都、があります。

道(どう)は、広い土地を表し、北海道、があります。

府(ふ)は、要地(ようち)を表し、京都府、大阪府、があります。(かつては、東京府も、ありました)

 

まとめて、一都一道二府四十三県(いっといちどうにふよんじゅうさんけん)と、呼ばれています。

関連記事・講座

白地図 日本地図  白地図 一覧

社会人分

知識と科目