目次

古地図とは

古地図(こちず)は、明治時代よりも前の日本地図です。明治時代に廃藩置県をして、地図が新しくなりました。旧地図(きゅうちず)、令制国地図(りょうせいこくちず)、とも呼びます。

古都 京都

現在の地図では、首都は東京です。対して、古地図では、首都は京都を中心とした畿内でした。明治維新に合わせて、京都から東京へ、遷都(せんと)がありました。

京都は古都と呼ばれ、親しまれています。

京の字

京都も東京も、どちらも「京」という漢字を含んでいます。「京」という漢字は、もともと首都を意味していました。

中国には、北京・南京があり、韓国には、京畿道があり、「京」の漢字が、中央政府の所在地に用いられています。

地方区分 畿内七道

現在の地図では、地方区分は「九州・四国・中国・関西(近畿)・中部・関東・東北・北海道」です。

それに対して、古地図では地方区分は「西海道・山陽・山陰・南海道・畿内・東海道・東山道・北陸道」です。まとめて、

畿内七道と呼ばれています。

なお、北海道と沖縄県は、現在の地図になって、含まれるようになりました。北海道は蝦夷(えぞ)、沖縄県は琉球(りゅうきゅう)、とそれぞれ呼ばれていました。

自然の名前はそのまま

廃藩置県があっても、山・川・湾・海などの、自然の名前は、変わりませんでした。例えば、飛騨山脈の「飛騨」や、若狭湾の「若狭」は、古地図の地名に由来しています。

国家が与える名前と、生活する人間が与える名前には、差があることに注目すると、面白い発見があるでしょう。

日本史への入口

日本列島には、長い歴史の蓄積があります。名所(めいしょ)・名刹(めいさつ)を巡れば、さまざまな疑問が、胸に浮かびます。

日本史は、そのような探求を育てる科目であり、古地図の学習を通じて、みなさんの感受性を豊かにしましょう。

関連記事・講座

古地図  白地図 一覧  社会人分

知識と科目