目次

東国とは

東国(あずまのくに・とうごく)は、東国(関西)から、東へ向かって、東海道・東山道・北陸道、を指します。

東海道

東海道(とうかいどう)は、伊賀・志摩・尾張・三河・遠江・駿河・伊豆・甲斐・相模・武蔵・安房・上総・下総・常陸、を指します。

東山道

東山道(とうざんどう)は、近江・美濃・飛騨・信濃・諏方・上野・下野・岩代・磐城・陸奥、を指します。

北陸道

北陸道(ほくりくどう)は、若狭・越前・加賀・能登・越中・越後・佐渡、を指します。

東下り

古典の名作、伊勢物語には、主人公が東下り(あずまくだり)する場面が描かれています。

平安時代の交通事情からすると、東下りするといっても、伊勢や三河までくれば、ずいぶんと遠くまで離れてしまった気持になったようです。

地理感覚は、情緒に影響を与えるのですね。

東山道 対 中山道

東山道は、すでに律令制の時代に、命名されています。対して、中山道(なかせんどう)は、江戸幕府の交通政策で、五街道として整備されました。古今東西の権力者の仕事は、道の整備でした。

関連記事・講座

白地図 一覧  社会人分

知識と科目